出会いネットも老舗格の出会い系サイト

ワイワイシーはライブドアが2000年に立ち上げた出会い系サイトです。その後LINEなどの運営会社に移管されたりしましたが、現在は日本最大のSNSサイト、ミクシィの子会社が運営していて、安心のサイトになっています。

 

今回比較する出会いネットは2001年から運営が始まっているので、ワイワイシーの翌年に始まったサイトでありますが、この業界では老舗格になります。
出会いネットはワイワイシーと違い、定額制サイトです。搭載される機能はすべて使い放題ですので、心置きなく気になる相手にアプローチできるのが魅力です。そういう意味ではワイワイシーと単純に比較するのは難しいかもしれません。

 

まずは、出会いネットの魅力を紹介します。
筆頭に挙げられるのが「専用メール機能」でしょう。会員同士が何度かのやり取りで間もなくカップルになるかもしれない、というときに専用転送メールアドレスが発行されます。ほかの会員に邪魔されることなくお互いのことをより深く知り合い、さらにお互いの安全のため、本当のメールアドレスを非公開にしながら出会いを育んでいける機能です。

 

ほかにある機能というか魅力に、お見合いパーティー開催などが挙げられます。出会い系サイトではめったにないオフ会的イベントになります。出会いネットの会員平均年齢はやや高めで、大人の出会い(Hな意味ではなく、紳士的という意味で)を望む方が多いので、こういったパーティーが成立するようです。
こんな魅力が盛りだくさんなのが出会いネットなのです。

 

アプローチできる人数に制限がある!?

出会いネットは定額制のため、サクラなどの入る余地はなく、ワイワイシー同様に安心して楽しめる出会い系サイトだと言えます。
ただ、出会いネットにもひとつデメリットがあります。

 

30日間会員は残念ながら月に20人までしかメールの申し込みができないのです。男性の場合、メールをたくさん送ることが出会いへの近道なのですが、月にたった20人は少な過ぎです。90日もしくは180日間での契約であれば無制限に申し込めますが、長続きするかわからない段階で長期契約は不安が残りますよね。

 

会員数も300万人を超えているワイワイシーと比べ、出会いネットは会員数が50万人レベル。大人な出会いを求めている方には向いていますが、ワイワイシーの方が魅力は大きいかと思います。