ワイワイシーで架空請求はありません!

ワイワイシーにおいて架空請求はありません。2000年にライブドアが設立してから何度か管理会社が変わっていますが、どこも有名企業ばかりで、最終的に現在は日本で最も有名と言っていいSNSのミクシィの子会社が運営しています。ですから、わざわざ会員を欺いてまで請求をするということはありません。

 

ただ、ごく稀にワイワイシーを名乗って不正請求や架空請求を行う事件も発生しうることは知っておきましょう。会員宛にメールなどでワイワイシーを騙って不当な請求のメールや電話があったり、未払いなどの架空請求をされることがあるのです。

 

まず、架空請求は一切サービスを利用していない、まったく記憶にないものへの請求をいいます。それから、間違いなく使っているが当初の料金表などとは違う法外な料金を請求されるケースもあり、これは不当請求と呼ばれます。

 

架空請求をするような悪質な業者は家族や職場にバレたくない、という利用者の心理を巧みに突いてきます。安易に請求を払って終わらせようとしても払ったら、カモだと認定され、何度も請求が来るようになるでしょう。規約違反だとか裁判沙汰にすると脅されても絶対に無視してください。

 

それでも架空請求がしつこく来たときの対処法

架空請求への有効手段はとにかく無視です。架空請求への支払い義務はまったくありません。請求されたメールに返信をしたら、逆に目をつけられたり、誘導尋問され住所などがバレたり、架空請求を送ってくる頻度と悪質さが上がります。とにかく無視で大丈夫です。

 

もし電話で架空請求された場合はすぐに電話を切って着信拒否に限ります。電話による口頭であれメールであれ架空請求には無視と拒否をしましょう。これが最大で最良の方法です。
もし架空請求があまりにもしつこい場合や、脅迫などで心配になったら国民生活センターに相談しましょう。その際、架空請求をしてきたメールアドレスや電話番号、社名、担当者名、電話の内容をワイワイシーのカスタマーサービスにも報告してください。退会などの対処を検討してくれます。

 

ただし、少額訴訟ということで請求が来た場合は要注意です。法的手段に相手が出てきているので、無視は逆効果になります。こういったケースでは素早く消費者生活センターに相談し、すぐに対応を考えましょう。